Eatery NEWS

今気になるグルメ情報をお届け!

バーミヤンが夏のメニューを販売開始!新しくなった冷やし中華と話題の台湾グルメと目白押し

メイン写真

 今夏のバーミヤンでは、夏の人気メニューである冷やし麺2種と、お食事を通して旅行に行ったような気分を味わっていただけるようにと、日本で人気の台湾グルメを発売しました。さっぱりとした味わいの冷やし中華や、夏に食べたくなるピリ辛味のお料理で一足早く夏を感じることができます。

◆ バーミヤン夏の人気メニュー「冷やし中華」がパワーアップ。
・夏らしいズッキーニ、オクラといった野菜をトッピングした「冷やし中華」 。さっぱりとお召し上がりいただけるように醤油味に仕上げました
・昨年好評だった「冷やし担担麺」 は、たっぷりの豚挽き肉と自家製中華麺をピリ辛のタレと絡めてお召し上がりください。

◆旅行気分が味わえる台湾グルメを発売。話題の「台湾カステラ」は温・冷で提供。
食欲をそそるスパイシーな味わいが特徴の「カレービーフン」や、台湾からあげを盛りつけた「チャーハン」が登場。
・バーミヤンでは「台湾カステラ」を温かく蒸したフワッととろける食感と、冷やしたしっとりなめらかな食感2つからお選びできます。

 この機会にぜひバーミヤンの夏の新メニューをお楽しみください。

バーミヤン夏の新メニュー 概要

■対象期間
2021年6月3日(木)~2021年9月15日(水)予定

■販売店舗
バーミヤン全店
※一部店舗により販売有無、価格が異なる場合があります

●冷やし麺
※季節をイメージした商品です。収穫時期を示すものではありません

1.天然海老と夏野菜のレモン冷やし中華 
【店内】      817円(税込899円)
【テイクアウト】  817円(税込882円)
【宅配】      990円(税込)
プリプリ食感の天然海老と夏野菜を味わえる醤油味の冷やし麺。添えてあるレモンでスッキリとした味わいも楽しめます。追加料金で翡翠麺への変更もオススメです。

天然海老と夏野菜のレモン冷やし中華


2.夏野菜の冷やし担担麺
【店内】      799円(税込879円)
【テイクアウト】  799円(税込863円)
【宅配】      970円(税込)
挽き肉がたっぷり入ったゴマが香るソースに、茄子やきゅうり・オクラなど彩り鮮やかな夏らしい野菜が摂れる冷やし麺です。

夏野菜の冷やし担担麺


●台湾グルメ

3.海鮮台湾カレービーフン

【店内】      726円(税込799円)
【テイクアウト】  726円(税込784円)
【宅配】      930円(税込)
台湾料理の代名詞ビーフンを自家製のカレーソースで豚肉・海老・野菜などたっぷりの具材と炒めました。スパイシーな味付けをお楽しみください。

海鮮台湾カレービーフン


4.台湾大からあげチャーハン
【店内】      817円(税込899円)
【テイクアウト】  817円(税込882円)
【宅配】      990円(税込) 
カリッと食感の衣にほんのり香るスパイスが後引く味わいの台湾風のからあげを、チャーハンと一緒に楽しめます。自家製の香味しょうゆをかける事で一体感が強まり、旨さを引き立てます。

台湾大からあげチャーハン


5.台湾カステラあったか蒸籠蒸し / 台湾カステラひんやり冷たい
【店内】      363円(税込399円)
【テイクアウト】  363円(税込392円)
【宅配】      490円(税込) 
しっとりなめらかな食感で話題の台湾カステラがバーミヤンに登場。別添えのハチミツと共にお召し上がりください。

台湾カステラ


6.タピオカ入りフルーツティー
【店内】      399円(税込439円)
【テイクアウト】  399円(税込431円)
夏にピッタリな3種のベリーとレモンの果汁がたっぷりの爽やかなフルーツティー。タピオカとフルーツの様々な食感も楽しめます。

タピオカ入りフルーツティー


※画像はイメージです 
※店内飲食とテイクアウト・宅配では消費税率が異なります

●バーミヤンホームページ URL:https://www.skylark.co.jp/bamiyan/

宅配サイト: https://delivery.skylark.co.jp/
テイクアウトサイト: https://togo.i-skylark.com/sk/shop/

各種SNSアカウントはこちら▼
●バーミヤンTwitter URL:https://twitter.com/bamiyan_CP
●Instagram URL:https://www.instagram.com/skylark.jp/
●Facebook URL:https://www.facebook.com/skylark.jp

EateryNEWS編集部